MENU

東京仮性包茎手術ランキング

仮性包茎手術はする必要はあるのか

仮性包茎手術に関しては、日本でもそれなりに手術が行われているものでありますが、仮性包茎手術は基本的にはやらなくてもいいものです。
なぜかというと、仮性包茎は人間としては自然な状態のものだからです。皮がかぶっているからといって必ずおかしいというようなものでなありません。
仮性包茎は勃起した時に自然に皮が捲れるレベルでありますから、痛みもなにもありませんので通常の生活をしていても支障はないです。
また、仮性包茎手術をしないと不衛生になるといわれてもいますが、手術をしなくても簡単に皮が捲れますので清掃もしっかりとできます。
普段お風呂に入っているときなどにしっかりと清掃ができれば、臭いとか細菌の繁殖、性感染症とかも気にする必要はありません。
逆に常に皮が捲れているような状況ですと、亀頭部分が乾燥してしまったりすることがあります。
皮が捲れて露出をずっとしているような状態ですと、亀頭部分が衣服に擦れてしまって痛みを伴うような状況を引き起こす危険性もあります。
刺激に慣れてしまうとかえって感覚が鈍感になり、遅漏にもなるとも言われています。
仮性包茎であるような場合であっても仮性包茎手術というのは受けなくてもいいですし、受けるとかえって悪い影響も出ることもあるのです。
それでも、皮がかぶっているのがちょっと嫌だなと思ったりしたときには、東京にもある専門クリニックの無料カウンセリングを受けて手術をするかどうかを判断しましょう。